パッチワークキルト

北欧ティルダの余り布で作ったパッチワークのペンケース

みなさま、こんにちは。

北欧ティルダのファブリックを使って作ったパッチワークの

残りの生地をつないでペンケースを作りました。

TildaのJelly roll(2.5inch 幅)のストリップが、2センチくらいずつ

残ったので、なくならないように、

とりあえずつないでおき、後日

ペンケースに仕立てました。

ネイビーのファスナーは日本で購入したものです。

スカラップのついたかわいいファスナーなんて、

オーストラリアでついぞ見たことがありません。

日本に帰国したら買ってきて〜と

こちらの友人に頼まれています。

 

今日も素敵な一日をお過ごしください!

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

投稿者について

オーストラリア在住。
パッチワーク、羊毛フェルト、クロシェ(かぎ針編み)、スクラップブッキングなどを楽しんでいます。海外ならではのクラフト情報をお届けします。

趣味の写真、オーストラリアでの暮らしについてもお伝えしていく予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です