母の作ったパッチワーク すてきにハンドメイドのアルファベットで描く生き物

みなさま、Everyday Craft にご訪問ありがとうございます。

一時帰国して母の今年のパッチワークの作品を見せてもらいました!

母はNHKのすてきにハンドメイドという雑誌を毎月購読して、

斎藤遥子さんのマンスリーキルト、アルファベットで描く生きものの

シリーズに挑戦していました。いつもながら独特の色合いが素敵です。

細かいパーツのアップリケにはだいぶ苦労したそうです。

年齢のこともあり(77歳)、だんだん手元が見えにくくなって、

拡大鏡を使ってキルトをしていたら、すごく細かいキルトになっていて

びっくりしたとか。一日7時間のキルトで5ヶ月かかったそうです。

ちょうど河口湖の近くの日本庭園の綺麗な旅館に泊まる予定だったので、

自然とともに母のパッチワークの作品の写真を撮りたいと思い、

持って行きました。

母は他にも東京キルトフェスティバルで買った斎藤遥子さんのバッグキットも完成させたので、

また後日ご紹介しますね。

しばらくもうアップリケはいいと言っていた母ですが、また難しいパッチワークのプロジェクトに

挑戦したくなってきたそうです。

今日も素敵な一日をお過ごしください。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です