斉藤謠子先生デザインニットのがま口ポーチ完成しました!

 

 

みなさま、おはようございます。

Everyday Craftにご訪問ありがとうございます。

先日、市川のショップ、キルトパーティで購入したキット、

ニットのがま口ポーチ(斉藤謠子先生のデザイン。すてきにハンドメイド12月号掲載)

が完成しました。

ガーター編みで編むところ自体は難しくありませんが、

内袋をつけてがま口に縫いつけるところがなかなかの難所でした。

毛糸のニットだとどうしても分厚くなってしまうので、

がま口の細いすきまに入れるのが大変で…。

毛糸もゆるめに編んでいたら、タッセルを作る分が残らないかも…。

キットの毛糸ひと玉を使い切る感じです。

内袋に使うのがしっかりした厚めの生地なので、内袋をセットすると

丸まっていたニットのポーチの形がきれいに出て、落ち着きます。

なぜ、内袋に厚めの生地を使ったのか納得です。

 

がま口はルシアンのセンテナリーコレクションのもので、

色がダークグレーで、ツマミの部分がダークカラーのウッドです。

がま口をあけた時に、あっと思わせる

大きなメガネ柄の生地(斉藤謠子先生のデザイン)。

ちょっと遊びごころもあって素敵です。

二個目だと要領がわかってもっときれいに作れると思うので、

もうひとつ作ってみたくなりました〜。

(実はもう毛糸は準備してあります)

今日も素敵な一日をお過ごしくださいませ。

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です