糸つむぎ spindleをスタート〜アートヤーンへの道

 

 

みなさま、おはようございます。

Everyday Craftにご訪問ありがとうございます。

昨日は、Bluprintというオンラインのクラフト講座で、

スピンドルを使った毛糸のつむぎ方講座を申し込みしました。

スピンドルは、小さな円盤がついた木の棒で、

古い時代から毛糸を紡ぐのに使われていた道具です。

上から吊るしてくるくる回転させるものと、

駒のようにテーブルの上で回転させるタイプがあります。

そもそも、私がスピンドルに興味を持つようになったきっかけは、

オーストラリアのEtsy(ハンドメイドのものやクラフト材料を販売しているショップがたくさんあるサイト)

で、布フェルト用の羊毛を探している時に、偶然、あるショップで

ハンドスパンのアートヤーンを見つけたことです。

一目惚れして購入したマフラーはこちら。

 

 

 

 

 

極太の毛糸の中にレースなんかも入っている変わり糸です。

とても柔らかくて表情豊かな毛糸にすっかり心奪われて、

いつか自分でもアートヤーンを紡いでみたいと思うようになりました。

まだインストラクションのビデオ講座を見たばかりなので、

ものになるかわかりませんが、新しいことにチャレンジするのは

ワクワクしますね。

 

今日も素敵な一日をお過ごしくださいませ。

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です