シルクの裂き編みのバッグ完成しました。

 

みなさま、こんにちは。

Everyday Craftにご訪問ありがとうございます。

西オーストラリアは今週末はロングウィークエンドです。

さて、先日から取りかかっていたワインカラーのシルクの裂き編みのバッグが

完成いたしました。最初はリボン型のポシェットタイプにしようと思って

いたのですが、納得いくものではなかったので、途中からプランを変更し、

木のハンドルをつけたバッグになりました。

バッグのウッドハンドルは日本に一時帰国した時に購入しておいた

ものです。バッグの下の部分は棒針編みの裏メリヤス編みで、

上の5センチくらいのボーダーはかぎ針編みです。

裏メリヤス編みだとネットのように伸びるし布のふんわり感が出るところが

いいのですが、赤だけで編んでいるので、編み方を変えて表面に変化を

出すのもいいかと思い、上のハンドルに近いボーダー部分はかぎ針編みで、

仕上げました。それにかぎ針編みだと仕上がりがしっかりしたものに

なるので、ハンドルもつけやすいです。

中袋はパッチワーク用の生地でストックしてあったものの中から選びました。

ポケットもつけてあります。

 

 

 

 

 

またお友達から朱色のシルクの生地と、別のお友達から水色のコットン

(こちらはもう裂いてあります!)を頂いたので、

どんなデザインのバッグにするか考え中です。

(バッグ作りが好きなので、裂き編みマットとかではなく、バッグ一択です。)

裂き編みを始めたら、不思議と材料が集まってしまって…。

ただ今裂き編みモードのわたくしです。

素敵な週末をお過ごしくださいませ。

 

 

 

 

 

 


 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です