ソーイング

Zip to it Bag 制作中

みなさま、こんにちは。

オーストラリアのこの田舎のエリアで、ドクターたちがFacebookで

コロナウイルス関連のグループを立ち上げ、今は絶賛

Stay at home (家にいよう)キャンペーンをプロポーション中です。

町にある病院には集中治療室がありませんから、

高齢者の多いこの町で感染が広がったら、致命的で、

危機感は相当なものです。とにかく家にいるしかありません。

高1の娘の学校もオンラインに移りますが、丸一日学校の時間割通りに

勉強するわけではなく、ある決まった日時にパソコンの前で

先生のvideoレッスン、クラスメイトとチャットタイムもありますが、

基本、自分のペースで週単位の課題を終わらせていけばいいようです。

そこで、学校の勉強以外に何かやってみようということで、

(Netflix漬けにならないため)

彼女が選んだのは、フォトショップとプログラミングです。

学校の選択授業でメディアとヴィジュアルアートをとっていて

その中でフォトショップの使い方も学んでいますが、この巣篭もり期間に

より深く学んでくれたらいいなと思っています。

本音をいうと、私がフォトショップを使いこなせていないので、

若く吸収力のある娘にまず勉強してもらって、後から教えて

もらおうという魂胆です。プログラミングは以前娘が学校でオンラインの

コースを受けたときにおもしろかったそうで、学校が引き続きプログラミング

コースを提供しているので、やりたい人はどんどん先に進めればいいそうです。

前置きが長くなりましたが、私の巣籠もりプロジェクトNo.1 は、

Cloudsplitter Bags and Designs のZip-To-It bagです。

以前、ピンタレストで写真を見て作ってみたいと思い、

Pdfファイルをダウンロードタイプのパターンを購入したのですが、

印刷してみるとインストラクションが22ページもあり、

その複雑な工程に腰がひけてしまったのです…。

これから時間もたっぷりあることだし、まずはカッティングから!と

意気込んだものの、パターンの表裏で何枚、というところから

頭の中に?マークが。インストラクションには、この段階で疑問に思うのは

もっともだけど、とにかくこの通りにカットしておけば大丈夫と書いてあるので、

深く考えずにGo。

バッグの構造は、ファスナーのついた斜めの四角いポーチ2つが反対側に向き合って、

サンドイッチにした間にはオープンになった部屋が一つ。

そして片方のポーチ外側にはファスナー付きポケットが。

これは私が今まで作ったバッグの中で一番複雑な構造です。

今日はインストラクションと首っ引きでなんとか14ページまでできたのですが、

もう一つファスナーつきの四角ポーチを作って、

それをどうマチの部分とぬい合わせて一体化するのか、はっきり言って、謎です。

うまくいくといいのですが。

明日も引き続きチャレンジしてみます。

happyな週末をお過ごし下さいませ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

投稿者について

オーストラリア在住。
パッチワーク、羊毛フェルト、クロシェ(かぎ針編み)、スクラップブッキングなどを楽しんでいます。海外ならではのクラフト情報をお届けします。

趣味の写真、オーストラリアでの暮らしについてもお伝えしていく予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です