パッチワークキルト

フリーモーションキルトでサングラスケース

みなさま、こんにちは。

ふつうのキルト綿よりもしっかりした厚みがあって、パッチワークのバッグなどを

作るのにいいフォームがオーストラリアで売っているのですが、

このフォームを使うのははじめてなので、まずはお試しでサングラスケースを

作ってみました。

写真の左上に見える白い芯、厚さは4ミリあります。

久しぶりのミシンのフリーモーションキルトで、出来栄えとしては今ひとつ

ですが、ただのミシンキルトの練習だけで終わらせるよりは

作品に仕上げた方がいいと思って…。

使用した生地は、先日Spotlight(オーストラリアのクラフトのチェーン店)

でカット生地が10枚10ドルでワゴンセールしていたときに買った激安生地です。

フォームはふつうのキルト芯で作るのと同じ感触で、特にミシンの

糸の調子を合わせるのが難しいということもありませんでした。

友人がこのフォームを使ってパッチワークの素敵なボストンバッグを

作っていました。私は家でカメラを入れるボックスを作ろうと

思っていて、友人におすすめされたのがこのフォームでした。

パッチワークトップはできているので、これからミシンキルトに

入ります。

それでは今日もhappyに過ごせますように。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

投稿者について

オーストラリア在住。
パッチワーク、羊毛フェルト、クロシェ(かぎ針編み)、スクラップブッキングなどを楽しんでいます。海外ならではのクラフト情報をお届けします。

趣味の写真、オーストラリアでの暮らしについてもお伝えしていく予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です